けんにぃの…アメリカナイズなんてされるもんかっ!

アクセスカウンタ

zoom RSS カンクンでのレンタカー事情 その2

<<   作成日時 : 2016/01/07 06:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さてさて

10段階で評価すると…
  レンタカー屋:3
  道路事情:8
  危険度:5
  警察:0

のレンタカー屋編の次は、道路事情と危険度。

以前、出張でMexico Cityに行った事があり、あまりにもごちゃごちゃした道
Bumper to Bumperの運転、ウィンカー無し、クラクションだらけの運転にうんざりしていたのですが

カンクンは違います。Mexico Cityの喧騒はまったく、どこへ?
地元Dallasよりものんびりしているのではないか? というくらい普通の道路&周りの運転。
さすが、観光地だから、ということか。


街の広さに対する車の絶対数が圧倒的にMexico Cityより少ないのだろう。
ま、そりゃそうだ。

特にカンクンのホテルゾーンは、路面の整備もしっかりしているので
走ってて静か。林立するホテルから、または、ホテルへの車の出入りにだけ注意しておけば
まず、問題なし。


今回は、レンタカーを借りたので、カンクンからドライブ出来る範囲の世界遺産にも行ってみました。
西に2時間弱走ったところにあるチェチェンイッツア(Chichén Itzá)
南に1時間半走ったところにあるトゥルム(Tulum)

Chichen Itzaへは、ジャングルの中をズバッと抜ける高速に乗って行きます。

画像


こんな感じの道が延々と続きます。
反対車線は左側のジャングルの向こう側、20mくらいのところにあるので、快適な高速道路の運転です。
道も整備されているので全く問題なし。

有料道路の料金所が全区間のちょうど真ん中くらいにあるので、そこで$262ペソ(約2000円弱)を支払う。

帰りの飛行機で、窓際に座ったら、機内からちょうど料金所が見えたので、撮ってみた。

画像

右がカンクン、左がChichén Itzá方面。

ちなみに、クレジットカードが使えるか聞いてみたが、使えないと言われた。
現金を用意しておく必要がある。

やはり、世界遺産は見ておいて損はない。

画像


Chichén Itzáの入場料も含め、ペソでもUSドルでもどちらでも支払いは可能だが
USドルの方が若干割高に請求された気がする。

自分がドル−ペソ換金した時のレートを覚えておいて、お得かどうか判断すると良いだろう。


Tulumへ向かう道は、ずっと一般道。
途中、少しだけ渋滞する所があったが、それ以外は80km/h〜100km/hでの巡行。


一つだけ特筆するとすれば、地元のタクシーやツアーのマイクロバスが異常に飛ばしていること。
80km/h制限のところを、たぶん、100km/hくらいですっ飛ばしてる。
間違っても、それには付いて行かないこと。
ついていくと、確実に捕まる。


危険度:5と言うのは、唯一の渋滞エリアでの話。
Mexico Cityでもそうだったのだが、Mexicoのドライバーは「1台でも前に!」をモットウとして運転しているのではないか、と思えるくらい、頻繁に車線を変える。
特に、渋滞の最後尾に着く直前に、1台でも、と。

なので、自分が最後尾に着くときには、それら地元ドライバーの急な車線変更には注意する必要が有る。


さて、最後に零点の警察の話だが…、このページも長くなったので、次につづく  …

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カンクンでのレンタカー事情 その2 けんにぃの…アメリカナイズなんてされるもんかっ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる